光ファイバ通信のメリット

ドット

ドット

光ファイバイメージ

光ファイバ通信を使って行われる情報の量は昔からかなり増えてきています。

そもそもが電話の通信媒体は銅線を使われていて、1つの銅線で行き来できる情報量を増やす為に通話を多重化したりする技術がどんどん進化していきました。

世の中はどんどん進んでいき、近距離用に11GHZ帯も導入されることになったみたいですが、雨で減衰してしまうので中間距離が20キロメートルくらいになったそれ以上量を増やする為に衛星通信に頼るようになったんです。


衛星のイメージ

衛星は様々な通信の為に役立てられていますね。
それからしばらくして、光ファイバケーブルが誕生しました。

この光ファイバがどう役に立ってるかというと、普通のマイクロ波通信の大容量化に限界があった部分を克服したファイバです。マイクロから光ファイバっていう世代交代を思わせる技術革新ですね。

光ファイバ通信のメリット

メタルケーブル

光ファイバ通信は、従来のメタリックケーブルを用いた通信システムに比べ、光ファイバの特長である低損失、広帯域という利点を生かし、長距離・大容量通信を可能にする仕組みです。

光ファイバ通信のメリットをまとめると次のようになります。

  1. 低損失 (~0.2dB/km)
  2. 広帯域 (数百MHz~THz)
  3. 軽量
  4. 電磁誘導性がない、雑音が入りにくい
  5. 省資源

← 前のページ   次のページ →

00.プロローグ

ネットワーク

ドット

LINEで送る gooplusbutton

オフィス電話の通信機器取扱業者ビジネスホンを格安価格でご提供します

↑ ページトップへ