IZmoは短期間で設置できます

ドット

ドット

コンテナ型izmo

コンテナ型データセンターの「IZmo」は、2011年4月26日に、外気冷却型のデータセンターとしては日本で初めて設置されました。

島根県松江市に「松江データセンターパーク」として開設されました。

IZmoは、サーバーなどのIT機器をあらかじめ
工場で設置します。

トレーラー

そのようにして組みあがったコンテナを大型の
トラックやトレーラーで運搬します。

データセンターを開設する予定地では、
クレーンを使ってコンテナを所定の位置にセットし、それから空調モジュールと接続します。

データセンター開設予定地で、あらかじめ電源の設備や、通信回線を敷設しておいてから、IZmoに接続します。

このような手順を踏むことで、従来型のデータセンターに比較して、設置期間を短縮できます。

それだけ、稼動開始までの時間が早くなるということです。

IZmoの空調

ダクト

IZmoでは、従来型のデータセンター並みの
安全性や堅牢性が実現されています。

特に空調には配慮しています。

IZmoの内部では、空気の循環を計算してIT機器を配置しています。

IZmoと空調モジュールはダクトで繋がっていて、 そのダクト内を空気が循環します。

← 前のページ   次のページ →

00.プロローグ

ネットワーク

ドット

LINEで送る gooplusbutton

オフィス電話の通信機器取扱業者ビジネスホンを格安価格でご提供します

↑ ページトップへ