基地局がカバーするエリア範囲

ドット

ドット

基地局

固定電話と携帯電話の大きな違いとして、携帯電話が移動しながら通話できるということがあります。

携帯電話の移動中の通話を可能にしているのが
「ハンドオーバー」という仕組みです。

ハンドオーバー(hand-over)とは、携帯電話端末が
接続する基地局を切り替えることです。

全国に多数設置

基地局には、担当するエリアがありますが、そのようなエリアを「セル」と
いいます。

アンテナ

基地局は、そのセルの中でしか通信ができません。
そして携帯電話端末の移動によって、そのセルから出てしまえば、通信が途切れてしまいます。

それを避けるために、携帯電話会社は、基地局を
全国に多数設置することによって対応しています。

そのため、端末の移動によって、それまでの基地局のエリアから出てしまったとしても、別の基地局のエリアに入ることで通話を継続することができます。

このことが、先ほどのハンドオーバーの仕組みです。

KDDIでは、ハンドオーバーを実現するために、
全国に約10万100局(2012年現在)の基地局を設置しています。

無線通信イメージ

なお、携帯電話から基地局までは電波による無線通信ですが、基地局からオペレーションセンター
までは光ファイバーケーブルで繋がっています。

← 前のページ   次のページ →

00.プロローグ

ネットワーク

ドット

LINEで送る gooplusbutton

オフィス電話の通信機器取扱業者ビジネスホンを格安価格でご提供します

↑ ページトップへ