通信機能を成立させる為に必要な仕組み

ドット

ドット

現在、私たちの身の回りには、光、DSL、ケーブルテレビ等の有線網、3G、WiMAX、LTE、無線LAN、フェムトセル等無線網等、ネットワークの多様化、シームレス化が進み、全国どこでもブロードバンドサービスを利用可能な
環境が整備されてきている。

デバイスについては、パソコン、携帯電話、テレビ等家電、ゲーム機器、
タブレット型端末、デジタルサイネージ等ネットワーク接続端末の多様化が
進み、スマートフォンの急速な普及に象徴されるように、多様化・高機能化が進んでいる。

 

パソコン パソコン パソコン

ユビキタス社会

ユビキタス社会とは「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」がパソコン、携帯、スマートフォン等でネットワークにつなげることにより、様々なサービスが提供され、人々の生活をより豊かにする社会の仕組のことです。

「いつでも、どこでも」とはパソコンによってネットワークに繋がるだけでなく、携帯情報端末をはじめ屋外や電車・自動車等、あらゆる時間・場所で
ネットワークにつながる事であり、「何でも、誰でも」とはパソコン同士だけでなく家電等のあらゆる物を含めて、物と物、人と物、人と人が繋がり機能します。

このユビキタスとは、コンピュータが実世界中にあまねく存在するという
ユビキタスコンピューティングの概念で、アメリカ合衆国のマーク・ワイザーによって1991年に提唱されました。

日本の坂村健(東京大学)が1980年代にTRONを開発し、家電に情報端末を備えることにより、ケータイ等で操作できる社会のことなのです。

1990年後半からワールド・ワイド・ウェブが登場し、
このユビキタスコンピューティングの概念とあらゆるところで利用可能な
ネットワークとがミックスして、ユビキタスネットワークという言語ができて、1999年に野村総合研究所が「ユビキタスネットワーク社会」を提唱した。

ブロードバンドIPネットワークはすでに日常生活の様々な状況下で利用されこの先、有線無線関係なく通信が行なえるユビキタスの時代になるのかもしれません。

 次のページ →

00.プロローグ

  1. ひかり電話とは
  2. NTTの研究開発
  3. サーバーを監視
  4. NGNオペレーションセンタ
  5. NGNのトラブル回避
  6. 携帯電話のネットワークの監視
  7. 携帯電話の基地局
  8. 基地局を増やす
  9. 光ファイバー
  10. 光ファイバーの製造
  11. コンテナ型のデータセンター
  12. 短期間でIZmoを設置する
  13. クラウド時代のIZmo
  14. 仕組みと機能・ヤフーの支持率
  15. インターネットのポータルサイト
  16. Yahoo! JAPANのページチェック
ネットワーク

ドット

LINEで送る gooplusbutton

オフィス電話の通信機器取扱業者ビジネスホンを格安価格でご提供します

↑ ページトップへ